INFORMATION

2019.04.29

グラフネットワーク・コラム第2回 "デリバリービジネスの最先端"

こんにちは!グラフネットワークのGenです。


デリバリーロボットが自宅まで食事を届けてくれる。
そんな未来のような事ですが、もうすぐそこまで来ているかもしれません。






アメリカ合衆国のカルフォルニア州バークレーでは、現在 新しいデリバリーロボットの試みが行われております。
この愛らしく表情豊かなKiwiロボットを路上で見かけない日はありません。


人はなぜロボットをなぜ使うのか。
それは何より人件費を削減できるからなのかもしれません。


2017年に設立されたKiwi CampusというスタートアップがRestaurant Bot, Kiwi Bot, Kiwi Triikeを組み合わせたデリバリーシステムを開発。
アプリで注文したカスタマーに、Kiwi Botが路上を走り、レストランからミールを届けるという流れです。

アプリをダウンロードして実際に使ってみました。






現在はバークリーエリアのみで注文をすることが可能です。
毎時Discountを行っており、商品によっては割引分が送料と相殺されて、店頭で買う金額と変わらなくなります。デリバリー時間は30分から40分程。混雑時はスタッフがロボットの代わりに届けるなど、万全の体制で試験を行っているみたいです。






近くまでKiwibotが接近すると、Kiwibotに搭載されたカメラを見ることが可能になります。これが意外に面白いです。
車や歩行者が近くにいるのを検知するとキッチリ止まっていました。






アプリのUnlockを押すことで、扉が開き、ミールを受け取ることができます。画面には”thankyou”の文字が。
現地で人気の(?)寿司とブリトーを組み合わせたスシリトーをいただきました。


デザインとしてもテクノロジーとしてもこのKiwiはとても優れているサービスだと思います。
このKiwiボットはディープラーニングとAIにより、人や障害物から信号の色まで区別して走行をするのです。


Kiwiというマスコット性も、ロボットという異物をうまく街の風景に溶け込ませています。これはブランディングの上でも他社との差別化に最も役立っていると思います。思わず写真を取りたくなる表情豊かな可愛らしい容姿は、SNSでバズるには十分な要素ではないでしょうか。この遊び心もユーザーエクスペリエンスに貢献していると思います。


また、スタートアップの拠点をカレッジに定めているのも興味深いです。 CEOのFelipe Chávez氏は、"新しい文化を受け入れやすい学生という顧客が適度に密集している"ということと、"路上の状態と天候の良さ"を理由に挙げております。


ミールサービスだけではなく、今後は様々な分野で自動デリバリーサービスが進むと、面白くなる予感がします。






参考資料:
https://www.kiwicampus.com/
https://www.berkeleyside.com/2017/05/23/robots-delivery-comes-to-cal


< INFORMATION TOP